KSCC1103

5-FU系抗がん剤、L-OHP、CPT-11 3剤の治療歴を有するKRAS遺伝子野生型の
治癒切除不能な進行・再発 結腸・直腸癌患者に対するパニツムマブおよび
S-1併用療法の有用性の検討-臨床第Ⅱ相試験-

プロトコール代表者
 長崎大学大学院 腫瘍外科(第一外科) 永安 武
プロトコール担当者
 長崎大学大学院 腫瘍外科(第一外科) 澤井 照光

予定登録数 :32例
登録期間  :2012年4月~2015年3月
追跡期間  :最終症例登録から2年

KSCC1103:シェーマ