ご挨拶

KSCC (Kyushu Study group of Clinical Cancer) の設立に際して

謹啓 薫風の候,みなさま方におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて,消化器癌治療成績の向上を目指して2005年6月,多施設共同臨床試験を実施するため研究グループ
Kyushu study group of Clinical Cancer(KSCC)を設立いたしました。

現在,KSCCの会員は九州・中国地区を中心に155施設,約700名の会員から成り,
  • 精度の高い消化器癌の臨床試験を通してエビデンスを創出し,世界へ向けて標準治療を発信すること
  • トランスレーショナル・リサーチとして,最新の医療技術と分子生物学による最新の研究成果を診療へ展開すること

これらを通じて,患者さんの福音とすることを目的に多施設共同で臨床研究を行っております。
また,合わせて国内外の情報収集および広報を行い,消化器腫瘍学の基盤向上を通じて公益に寄与することを目的としております。

多施設共同の臨床試験を実施するには,当研究に参加する医師の献身的な努力に負っているところです。
しかしながら,精度の高い試験を計画期間に実施していくには,相応の経費が必要となることから,まことに恐縮ではございますが,
篤志家の方々のご支援を賜りたくお願い申し上げる次第でございます。

KSCCは法人格を持たない任意団体でございますので,経理事務については,KSCCの研究事務局となっている
非営利法人「一般社団法人九州臨床研究支援センター」(略称:CReS九州)に委託しております。
つきましては,KSCCへのご支援をいただく上では「一般社団法人九州臨床研究支援センター 」に
ご相談いただきますようお願いいたします。



KSCC 代表世話人
九州大学大学院 消化器・総合外科
教授 前原 喜彦

KSCC_前原教授.jpg (172.801 KB) KSCC administrator, 2014/06/20 13:33